白梅

kpsiniwu.jpg

   いつのまにか、梅が咲いていました〜
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ストラト様 記事に関係ない質問が一つ。

第二次世界大戦時 イギリスの戦闘機の離陸時に
機種をおったてて尾翼を低くして離陸するシーンを見たのですが
あれはパイロットに前方が見えているのでしょうか?

見えていなくても飛行場だから ぶつかりそうな人や車は避けるから
大丈夫という事でしょうか?
BSプレミアム 「刑事フォイル」でのワンシーンでした。
答え急ぎませんので時間のある時にでもヨロシクです。

モズライトさんへ、

> モズライトさん、返事大変遅くなり申し訳ありませんでした、

> 尾輪式の機体の前方視界は良くないみたいで、地上滑走中は首を傾げて横から見たり、
> 整備員が主翼に乗って方向を指示している映像がありますね、

> 尾輪式の機体の離陸は、機首が上を向いてる姿勢のままだと離陸に大きな抵抗がかかってしまい、
> 加速に大変時間と距離がかかるので、離陸滑走スピ-ドがある程度に達したら、
> 離陸なのにあえて操縦棹を前に倒して飛行機のケツを持ち上げ機体を水平にして抵抗を少なくして、
> 早く十分な速度にして、今度は操縦棹を手前に引いて機体を離陸させるのが操縦手順だったみたいです。

> 離陸時に機首をおったてて尾翼を低くして離陸する戦闘機、
> 高迎え角をとり、有り余る推力を見せ付けながら離陸する現代のジェット戦闘機みたいですね。
Altimeter
プロフィール

ストラト

Author:ストラト
1970年代、蒸気機関車の写真撮影に熱中するも、無煙化後は写真撮影から遠ざかっていましたが、その後飛行機の魅力にはまり、今では立派な飛行機バカです。

リンクはご自由にどうぞ~

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ-

openclose

最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR